ニュース

2006.06.09

エレベータートラウマ

最近某社の事故がきっかけで色々話題になってますが……。

実はうち、まだ年齢が1桁の頃
当時住んでたビルのエレベーターに
1人で閉じこめられた事あるんですよ。

ものは今話題の舶来産じゃなくて
国産大手H社のエレベーター。
年代的にもうかなり昔なんで
当時はコンピューター制御なんてされてないと思うけど
よくトラブってたよなぁ。
ドアが開いたら段差が30センチくらい有ったり
(最強目撃例は半分くらい上にずれてた)
目当ての階に止まってくれなかったり。

そんなある日ちょっとした用事で出かけようとエレベーターに乗った。
乗ってるのはうち一人。
目的階を押した。エレベーター動き出す。
目的階につく。ドアの開くチキチキした音がするだけであかない。
そして始まる恐怖の時間。
エレベーターがまた上りだす。どこかの階に止まる。
チキチキ音がするだけで又ドア開かずまた上る。
中にいる本人パニック。泣き叫ぶ。
非常用ベル押しても管理人室不在なのか誰も応答しない。
(ココの機械系統管理人室不在が多くてね)
全ての階のボタン押す。非常ベル押しまくり。
ドアをガンガン叩いて泣き叫ぶ。
エレベーターは上下してるだけでドアは開かない。
……こんな状態が何分続いたかわからない。
(小学校低学年の子どもの怖さなんて大人の比じゃないからね)
永遠に続くかと思う時間の途中
何かのはずみでどこかの階で止まってドアが開いた。
飛び出して階段駆け上がって自分のおうち(最上階だった)に戻って
親にしがみついて泣き叫んでた。

あの経験があるから旧いエレベーターに
一人で乗ってるときは時々思い出しちゃうんだが。
……シンドラーに乗るときも気をつけよっと。(..;)
あんな思いはもう2度としたくないよ。

実はコレ思い出して書いてる今ちょっと情緒不安定状態。
幼い頃のトラウマは今でも尾を引いている現実例ですな。

| | コメント (3)

2004.06.15

えぬえいちけい

朝のニュースワイドにて。
聴覚障害者の為に携帯メールから110番通報が出来る様になったというニュースの時。
アナウンサー「それではサイトのアドレスを読み上げます……」
テロップ無し。

……聴覚障害者相手中心ののニュースにそりゃないだろ。
朝の出勤前のドタバタの中思いっきり心の中でツッコミ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)