« お久しぶりその1:ゲーム近況 | トップページ | DARIUSBURST溝の口ロケテ行ってきた〜♪(長文ご容赦) »

2010.08.16

お久しぶりその2:実家地デジテレビ父親騒動記

話は去年の夏あたりにさかのぼる。

父親が「地デジテレビ買いたい」とわめき始めた。
親戚周りが液晶テレビを買っているのがうらやましいのか
テレビキャンペーンに煽られたのかは知らないが。
わめくたんびに「まだ早い」と家族は止めまくり。

実家で一番家電を使いこなせないのが父親。
ビデオ録画も自分でできず家族頼り。
何か今までもテレビのリモコンボタン間違えて押しては母親に対応してもらったり
こっちに対応電話が(母親経由で(・・;))かかってきたり。
そんな父親に大体地デジ対応機種のリモコンが使いこなせるかっての。

地デジ対応第1段階目。春。
実家は電波事情でCATV必須だったんだけど
CATV会社の地デジチューナー工事無料期間に便乗してチューナー交換。
(Pioneerからパナソニックへ)
ここでまず父親、ご想像通りリモコン操作訳わかめ状態。
母親曰くどうやらひと月くらいで
自分の見たい番組を見る、だけは出来る様になったらしいが。

その段階で「テレビも買う」と言い出す父親。
回りは「まだ今のテレビ見られるからいいじゃん」なのだが。
「だいたい地デジチューナーのリモコンもまともに使えないのに
地デジテレビのリモコン使えるのか」と言い聞かせたり。
……しょうがないので春に帰省した時に近くの家電量販店を見に行ったのだけど
幸いな事に(笑)当時エコポイントの関係か
テレビ買い替えブームで買おうと思ったテレビが品切れ。
なんとか思いとどまらせる事が出来た訳で。


そして夏。うちが帰省する数週間前。
母親から電話。「××の期間限定キャンペーンで
地デジテレビが安いみたいなんだけどこれ(春に買う予定だったモデル)どう?」
とりあえずこっちで値段とか調べてGOサイン出し。
「設置日、あんたの帰って来る日に合わせるから」……あのぉ……。

実家に戻って次の日、設置工事。
ケーブルが内部断線して危ないけど父親のお気に入りだった(-。−;)
応接間のテレビを父親説得してリサイクルに。
今までメインに使っていたテレビを応接間に。

……案の定、リモコン操作、覚えていません。
買って半月、未だにダメです。
データ放送も当然使えません。

買ったテレビはチューナーとリモコンが同型だから
覚えやすいかなとVIERAにしたんだがなぁ。
まだまだそれなりに自分一人で自在に見る事が出来るのは先のようですわ。

それなのに、ああそれなのに。
寝室の小型テレビも9月には地デジ対応テレビになります……早く覚えてくれぇ。


おまけエピソード。
居間が掃除中だったため応接間でテレビを見ていた父親が
「急にテレビが白くなってサーと言って見えなくなった」と言いにきた。
……居間の掃除機を抜いた時にチューナーのコンセントが抜けただけ。でした。

|

« お久しぶりその1:ゲーム近況 | トップページ | DARIUSBURST溝の口ロケテ行ってきた〜♪(長文ご容赦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お久しぶりその1:ゲーム近況 | トップページ | DARIUSBURST溝の口ロケテ行ってきた〜♪(長文ご容赦) »